トップへ » 1本10万円~のインプラント » インプラント治療例 » 症例2 / 61歳男性

症例2 / 61歳男性

上顎骨が薄いのでGBR法(骨造生)、ソケットリフト法(上顎洞底拳上法)を用いた症例です。

GBR法...骨再生誘導法の略で歯槽骨、つまり周囲の骨量が不足している時に用いる方法です。

ソケットリフト法...人によっては、上顎(うわあご)の骨がインプラントを埋入するのに足りない場合があり、そういった患者さまのために用いる骨造成の方法の1つです。


当院での治療例術前:
左上小・大臼歯ブリッジ、特に大臼歯2本が歯周病のため、歯の動揺(グラグラ)が大きい。

H19.1.21(初診時)
左上臼歯部のブリッジが動揺し、食べ物を噛む時に咬痛あり。他院では、抜歯をし、部分義歯(入れ歯)になると言われ、当院に相談へ来られました。
下へ

H19.2.7
左上第一・第二大臼歯を抜歯後にインプラントの埋入手術。
(上顎洞が垂れ下がり、インプラントを埋入する骨の厚みが約1㎜程しかなく、通常の手術では困難でした。そこで、ソケットリフト法を用い、インプラント埋入と同時に約6㎜の骨の厚みを造生させる手術を行いました。)
下へ

H19.8.27
左上第一小臼歯抜歯後、即インプラントの埋入手術。
(抜歯後即時埋入手術:患者さまの負担を軽減させるため、同部位に対し抜歯とインプラント埋入を同時に行う手術法です。)
下へ

H19.12.21
手術後良好なため、被せ物の型を採りました。
下へ

当院での治療例H19.12.29
インプラント手術後、約10ヶ月後に被せ物を装着し、完了です。


トップへ » 1本10万円~のインプラント » インプラント治療例 » 症例2 / 61歳男性


コールバック予約