トップへ » 総合歯科の強み » 歯周病

歯周病

「歯ぐきが腫れている。」「歯を磨くと出血する。」
このような症状があれば、歯周病の可能性があります。

歯周病

歯周病は徐々に進行し、放っておくと歯が抜け落ちてしまう、恐ろしい病気です。歯周病から大切な歯を守るためには、早期発見・早期治療が欠かせません。当院では初期段階から重度の歯周病まで、幅広い歯周病治療を行っております。

このページでは、当院の歯周病治療についてご紹介いたします。

歯周病の早期発見は歯肉の微妙な変化から

歯周病現在、日本人の約80%が歯周病に感染していると言われています。もはや国民病と言っても過言ではありません。多くの方は歯周病が気になり、お口の中のお手入れをきちんと行っています。しかし、ごく少数ですが、お手入れを怠り、歯周病に対して関心をお持ちでない方もいらっしゃいます。

歯周病治療の第一歩は、お口の中の状態を理解することから始まります。当院では、患者さまにお口の中の汚れや歯垢をお見せしながら、歯周病の症状や治療についてご説明いたします。

ところで、歯周病は、糖尿病などの全身疾患とも密接な関係があり、歯周病治療だけでは根本的な解決が望めないこともあります。こうした病気を抱えていらっしゃる方には、生活習慣などもお伺いしながら、適切なアドバイスを行わせていただきます。お口の中のちょっとした変化や抱えている病気、生活習慣に至るまで、様々な角度から歯周病の早期発見・治療に努めております。

歯周病は、自覚症状がありませんが、わずかな変化を敏感に察知することで早期発見につながります。歯磨きとあわせて、歯肉のチェックも忘れずに行いましょう。

歯周病とは?

歯周病とは?歯周病は、歯周病菌が引き起こす歯肉の病気です。歯を支えている骨を徐々に溶かしながら進行していきます。症状が悪化しますと、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)や歯石です。これらが媒介となって細菌が繁殖し、歯肉が炎症を起こし、徐々に骨を溶かしていきます。初期段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、歯ぐきの腫れや出血、ぐらつきどが現れた時は既にかなり進行した状態です。

歯周病を防ぐためには、毎日の歯磨きが欠かせません。さらに、定期的に歯医者さんで歯のクリーニングを受ければ、より予防効果が高まります。当院では、スケーリングやPMTC、フッ素除去を行いながら、むし歯や歯周病のない、丈夫で健康な歯を作るお手伝いをしております。

歯周病の進行

歯周病の進行軽度歯周病
歯周ポケット内に汚れ(歯石やプラーク)が溜まることによって、細菌が繁殖し、歯肉に炎症を起こします。これにより、歯肉の腫れや出血などの症状が現れます。

この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回行うことで、ほとんど完治することができます。

歯周病の進行中等度歯周病
歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしている状態です。また、口臭や出血も伴います。骨が徐々に後退し始め、歯周ポケットが深くなり、歯がぐらついていきます。

この段階の治療では、歯周ポケット内部に付着した歯石を取り除きます。痛みを感じる時は麻酔をして行います。除石を数回行うと、歯肉の状態が改善されます。

歯周病の進行重度歯周病
さらに進行した状態であり、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進行し、歯肉の後退と歯のぐらつきが大きくなっています。

重度の場合、非外科処置では対応できない部位がありましたら、歯周外科で対応いたします。それでも治療が困難な場合は、残念ながら抜歯となります。

総合歯科の強み:関連ページ一覧

総合歯科の強み一般歯科小児歯科歯周病
予防歯科審美歯科入れ歯歯牙再植

インプラント・歯についての相談を受け付けています

無料カウンセリングの申込・ご予約は、電話 03-3894-0058まで。【診療時間】◎月・火・水・木・金・日・祝 / 10:00 -13:00 14:30 -19:30 ◎土 / 10:00 -13:00 14:30 -17:00  【休診日】第2・第4土曜日 【所在地】東京都荒川区町屋1-2-13-2F 【アクセス】 東京メトロ千代田線/京成線 ・ 都電荒川線、町屋駅 徒歩1分


トップへ » 総合歯科の強み » 歯周病


コールバック予約