トップへ » 総合歯科の強み » 一般歯科 » できるだけ痛くない治療

できるだけ痛くない治療

できるだけ痛くない治療治療中の痛みは、誰もが苦痛に感じるものです。中にはトラウマになり、歯医者さん嫌いになってしまう方もいるくらいですから、深刻な問題と言えるでしょう。

当院では、麻酔注射を使った、できるだけ痛くない治療を行っております。痛みが伴う治療には、麻酔注射で感覚を麻痺させますので、治療時に伴う痛みがありません。とはいえ、痛みを取り除く麻酔注射そのものに、抵抗をお持ちの方もいらっしゃいます。そのような方には、表面麻酔で感覚を麻痺させてから麻酔注射を行います。

また、お口の中には痛みを感じにくい場所があります。院長は、長年の臨床経験で培った技術で、痛みの少ないポイントに的確にアプローチしていきますので、針を刺した時の"チクっ"とした痛みがありません。さらに、麻酔薬を注入する時は、全身神経を集中させ、ゆっくり丁寧に入れますので、薬が入っていく時の痛みや不快感もありません。

こうした院長の技術(ソフト面)に加え、痛みの少ない最も細い麻酔針や、温めた麻酔液(体温に近い温度)を使用することによって、痛みを軽減しております。

痛みに敏感な方や不安をお持ちの方も、安心してお任せください。


トップへ » 総合歯科の強み » 一般歯科 » できるだけ痛くない治療


コールバック予約