トップへ » 総合歯科の強み » 歯周病 » 歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病の進行軽度歯周病
歯周ポケット内に汚れ(歯石やプラーク)が溜まることによって、細菌が繁殖し、歯肉に炎症を起こします。これにより、歯肉の腫れや出血などの症状が現れます。

この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回行うことで、ほとんど完治することができます。

歯周病の進行中等度歯周病
歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしている状態です。また、口臭や出血も伴います。骨が徐々に後退し始め、歯周ポケットが深くなり、歯がぐらついていきます。

この段階の治療では、歯周ポケット内部に付着した歯石を取り除きます。痛みを感じる時は麻酔をして行います。除石を数回行うと、歯肉の状態が改善されます。

歯周病の進行重度歯周病
さらに進行した状態であり、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進行し、歯肉の後退と歯のぐらつきが大きくなっています。

重度の場合、非外科処置では対応できない部位がありましたら、歯周外科で対応いたします。それでも治療が困難な場合は、残念ながら抜歯となります。


トップへ » 総合歯科の強み » 歯周病 » 歯周病の進行


コールバック予約