トップへ » 総合歯科の強み » 歯周病 » 歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病とは?歯周病は、歯周病菌が引き起こす歯肉の病気です。歯を支えている骨を徐々に溶かしながら進行していきます。症状が悪化しますと、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)や歯石です。これらが媒介となって細菌が繁殖し、歯肉が炎症を起こし、徐々に骨を溶かしていきます。初期段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、歯ぐきの腫れや出血、ぐらつきどが現れた時は既にかなり進行した状態です。

歯周病を防ぐためには、毎日の歯磨きが欠かせません。さらに、定期的に歯医者さんで歯のクリーニングを受ければ、より予防効果が高まります。当院では、スケーリングやPMTC、フッ素除去を行いながら、むし歯や歯周病のない、丈夫で健康な歯を作るお手伝いをしております。


トップへ » 総合歯科の強み » 歯周病 » 歯周病とは?


コールバック予約