トップへ » 総合歯科の強み » 歯周病 » 歯周病の早期発見は歯肉の微妙な変化から

歯周病の早期発見は歯肉の微妙な変化から

歯周病現在、日本人の約80%が歯周病に感染していると言われています。もはや国民病と言っても過言ではありません。多くの方は歯周病が気になり、お口の中のお手入れをきちんと行っています。しかし、ごく少数ですが、お手入れを怠り、歯周病に対して関心をお持ちでない方もいらっしゃいます。

歯周病治療の第一歩は、お口の中の状態を理解することから始まります。当院では、患者さまにお口の中の汚れや歯垢をお見せしながら、歯周病の症状や治療についてご説明いたします。

ところで、歯周病は、糖尿病などの全身疾患とも密接な関係があり、歯周病治療だけでは根本的な解決が望めないこともあります。こうした病気を抱えていらっしゃる方には、生活習慣などもお伺いしながら、適切なアドバイスを行わせていただきます。お口の中のちょっとした変化や抱えている病気、生活習慣に至るまで、様々な角度から歯周病の早期発見・治療に努めております。

歯周病は、自覚症状がありませんが、わずかな変化を敏感に察知することで早期発見につながります。歯磨きとあわせて、歯肉のチェックも忘れずに行いましょう。


トップへ » 総合歯科の強み » 歯周病 » 歯周病の早期発見は歯肉の微妙な変化から


コールバック予約