トップへ » 総合歯科の強み » 入れ歯 » 【入れ歯メニュー】当院で扱っている入れ歯

【入れ歯メニュー】当院で扱っている入れ歯

保険適用の入れ歯(プラスチック)
保険適用の入れ歯プラスチック(レジン)の土台(床)にプラスチックの人工歯を並べた入れ歯です。残った歯に金属のバネをかけて固定するため、口を開けると入れ歯が目立ってしまいます。入れ歯自体に厚みがありますので、違和感を感じたり、喋りにくい、食べ物の味がわかりにくいということがあります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー金属のバネを使用しない入れ歯です。この特徴は、義歯用樹脂を使うことによって、超弾性があり、薄く軽い入れ歯を製作することができますので、装着時の違和感が少ないことです。

シリコン義歯
シリコン義歯義歯床の一部が柔らかい素材(シリコン)でできている入れ歯です。ソフトなシリコンは装着時の痛みがありません。また、上顎(うわあご)に吸いつくようにフィットしますので、噛み心地が安定しています。シリコンは、とても軽く生体親和性に優れていますので、アレルギーの心配はございません。

金属床総義歯
金属床総義歯薄く製作しますので、違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。食べ物の温度を敏感に感じることができますので、美味しくお食事を召し上がることができます。また、一人ひとりの患者さまに適した人工歯を使用いたしますので、審美的にも優れております。

インプラント義歯
顎の骨にミニインプラントを入れ、それを土台にして入れ歯を装着する方法です。入れ歯がしっかり固定されますので、ズレやガタつきがなく、噛み心地が安定しております。しかし、手術が必要です。また、長期間快適にご使用いただくには、治療後のメインテナンスが欠かせません。


トップへ » 総合歯科の強み » 入れ歯 » 【入れ歯メニュー】当院で扱っている入れ歯


コールバック予約