トップへ » 総合歯科の強み » 歯牙再植 » 歯牙再植で歯を残す

歯牙再植で歯を残す

歯牙再植一般的なむし歯治療では、歯に穴を削り、汚れや感染部を取り除いた後に、人工歯を入れます。しかし、病巣の状態によっては完治せず、たとえ治ったとしても再発する可能性が出てきます。原因となる病巣を根こそぎ取り除かなければ、いつまで経っても再発を繰り返すばかりです。このような時に有効な治療方法が「歯牙再植」です。

まず、状態の悪い歯を周囲組織を破損しないように丁寧に抜歯し、口腔外で処置します。同時に抜歯した場所に残っている汚れや細菌を完全に掻爬します。それぞれの処置を終えた後、再び抜歯した歯を移植して固定させます。この時、細胞を死滅させないよう手早く処置しなければなりません。

この治療により、根管治療をしても状態が改善しない、あるいは抜歯しか方法がない場合でも、歯を残せる可能性が出てきました。

なお、当院では親知らずの歯牙移植と、抜歯した歯の歯牙再植の両方を行っております。(根っ子にヒビや割れがある時は、適用外となります。)


トップへ » 総合歯科の強み » 歯牙再植 » 歯牙再植で歯を残す


コールバック予約